YEF JAPAN
ニュース

「クリスマス物語シリーズ①」 「イザヤ40:1-11・ルカによる福音書1:26-38」

Dec 23, 2015 11:06 AM JST

「クリスマス物語シリーズ①」

「イザヤ40:1-11・ルカによる福音書1:26-38」

・イザヤ40:1-11

1「わたしの国民を慰めよ」と、神様は命じます。
2エルサレムにやさしく語りかけ、悲しみの日は過ぎ去ったと言ってやれ。 罪は赦された。 そればかりか、刑罰の二倍の祝福を与えよう。
3耳をすましなさい。 だれかが荒野で叫んでいる声が聞こえます。 「神様がお通りになる道をつくれ。 砂漠を横切る、平らでまっすぐな道を、神様のためにつくれ。  4谷は埋め、丘はけずり、曲がりくねった道はまっすぐにし、路面のでこぼこはよくならせ。  5神様のすばらしさを全人類に示せ。」 神様が命じた以上、きっとそのとおりになります。
6「大声で叫べ!」という声が聞こえます。
「何と叫んだらよいのですか」と、私は尋ねました。
「こう叫ぶのだ。 人は、しおれてしまう草のようなものだ。 その美しさは、しぼんでいく花のように色あせる。  7神の息がかかると、草はしおれ、花はしぼむ。 もろい人間もそれと同じだ。  8草はしおれ、花はしぼむ。 しかし神様のおことばは、いつまでもすたれることはない。」
9  すばらしい知らせを大声で伝える人よ、山の頂上から、エルサレムに向かって叫びなさい。 こわがらずに大声を張り上げなさい。ユダの町々に「神様が来る!」と知らせなさい。  10神様である主は、全能の力をもって来ます。 恐ろしいまでの力で支配し、一人一人の行ないに応じて報います。  11また、羊飼いのように群れの世話をします。 子羊を抱いて運び、子連れの雌羊をやさしく導くのです。

・ルカによる福音書1:26-38
26  その翌月、神は御使いガブリエルを、ガリラヤのナザレ村に住む、マリヤという処女のところへお遣わしになりました。  27この娘は、ダビデ王の子孫にあたるヨセフという人の婚約者でした。
28  ガブリエルはマリヤに声をかけました。 「おめでとう、恵まれた女よ。 主が共におられます。」
29  これを聞いたマリヤは、すっかり戸惑い、このあいさつはどういう意味だろうと考え込んでしまいました。
30  すると御使いが言いました。 「こわがらなくてもいいのです、マリヤ。 神様があなたに、すばらしいことをしてくださるのです。  31あなたはすぐにみごもり、男の子を産みます。 その子を『イエス』と名づけなさい。  32彼は非常に偉大な人になり、神の子と呼ばれます。 神である主は、その子に先祖ダビデの王座をお与えになります。  33彼は永遠にイスラエルを治め、その国はいつまでも続くのです。」
34  「どうして子供ができましょう。 まだ結婚もしておりませんのに。」
35  「聖霊様があなたに下り、神様の力があなたをおおうのです。 ですから、生まれてくる子供は聖なる者、神の子と呼ばれます。  36ちょうど半年前、あなたのいとこのエリサベツも、『子供のできない女』と言われていたのに、あの年になってみごもりました。  37神様の約束は、必ずそのとおりになるのです。」
38  「私は主の召使にすぎません。 何もかも主のお言いつけどおりにいたします。 どうぞ、いま言われたとおりになりますように。」マリヤがこう言うと、御使いは見えなくなりました。

 

 

ABOUT US

YEF JAPANは、早稲田を中心に活動している超教派のキリスト教学生コミュニティーです。キリスト教精神を土台に、聖書の学びやフェローシップを行なっています。

フォトギャラリー