YEF JAPAN
リソース

一日一言(2015年9月1日)

Sep 01, 2015 08:41 PM JST

アフリカ最南端に有名な岬があります。嵐が行き交い、多くのいのちが失われたために、それは死の岬と呼ばれていました。1789年のある日、一人の勇敢な航海者が雷雨を伴う激しい嵐の中を航行し、ついに静かな海域を見つけました。彼はその場所を希望峰と名付けました。死と呼ばれている永遠の海の中に陸地から突出している岬があります。だれにとってもそれは恐いものです。航海者であれば、いつかはこの暗い死の海と戦わなければなりません。

一日一言(2015年8月31日)

Aug 31, 2015 12:26 AM JST

高慢な者は何かを所有しただけでは喜ばない。人より多く持って初めて喜ぶのである。人は金持ちであることや、頭が良いこと、見目麗しいことなどを誇るのだとわたしたちは言うが、実際にはそうではない。人は、他人よりもお金をより多く所有し、より賢く、より外見が良いときに誇りを感じるのである。人が皆同様に裕福で、頭が良く美しいならば、誇るものは何もない。人を高慢にするのは比較である。すなわち、自分は他よりも優れているという優越感である。競争心という要素がなくなれば、高慢もその姿を消すのである。

「人格の福音」

Jul 20, 2015 12:50 AM JST

植村の言う「人格の福音」とは、一言で言えば、「自らの性格に神を現」すイエス・キリストの「人格」との交感を通じて、神とともに生きる境地に達することを説く福音、ということになるであろう。その消息は、次のように説き明かされる。人たるものは高貴な道義的目標を目指し、完全な人格を具現する渇仰心を内に燃やしつつ生きねばならない。これがキリスト教的生活の基礎である。それは具体的には「イエス・キリストの品性気宇に感嘆して」これにつき従おうとする心を意味する。イエスはこの世の生において、自らの人格の内に神を具現した。

忘れることと忘れられること

Jul 20, 2015 12:48 AM JST

たとえ私たちが忘れられることがないにしても、私たちが自分自身を忘れるのです。つまり、私たちの真の存在、永遠に知られ、永遠に憶えられている私たちの真の存在を忘れてしまうのです。そして私たちが、ひととき、ひととき体験していくほとんどのことは、忘れようと憶えていようと、究極的には重要ではないのです。

罪の意識に苦しむ人を愛したイエス

Jul 20, 2015 12:46 AM JST

イエスは、淫らな女、暴漢、ならず者を愛する力をもっておられた。・・・・・・それができたのは、ひとえにイエスが退廃の汚物と硬い外皮の下にあるものをご覧になったからだ。というのも、彼の目が、全くーどの人間にも!ー隠されてしまっている神の造られた原型をとらえていたからだ。・・・・・・何よりもまず、イエスは私たちに新しい目を与えてくださるのだ。・・・・・・

魂の手術

Jul 20, 2015 12:42 AM JST

ルイズ・すミーズがこの「魂の手術」のプロセスを詳細に述べている。だれかを赦すとき、あなたは不当なことを行った人からその行為を削り取っている。その人からそのひどい行為を引き離している。その人を再創造している。ある時はその人を、自分に不当な仕打ちをした人間だと根深く思っている。しかし次の瞬間には、その人はあなたにとって別の人間になっている。あなたの思いの中で作り直されている。

律法は重荷ではない

Jul 20, 2015 12:34 AM JST

「シナイ山は全山煙に包まれた。主が火の中を山の上に降られたからである。煙は炉の煙のように立ち上り、山全体が激しく震えた。角笛の音がますます鋭く鳴り響いたとき、モーセが語りかけると、神は雷鳴をもって答えられた。」出エジプト記19章18-19節 今日、私たちが旧約聖書の律法の書(モーセ五書)を読むとき、古代イスラエルの人々の畏怖に共感を覚えるのはたやすいが、畏れと同時に彼らが大きな喜びを感じたのを理解するのは難しい。古代の律法を現代人の視点からだけ捉えようとすれば、それらは厳しく、不条理なものと思えるからである。

内村鑑三 続一日一生 「ゆるし」

Jul 20, 2015 12:28 AM JST

ルカ6:37 さばいてはいけません。そうすれば、自分もさばかれません。人を罪に定めてはいけません。そうすれば、自分も罪に定められません。赦しなさい。そうすれば、自分も赦されます。 ゆるし得んがために祈るべきである。また祈りてゆるすべきである。敵を許すのもっとも良き方法は、彼のために祈るにある。「なんじらを迫害する者のために祈祷せよ」と教えたまいて、イエスはわれらに人を許すのもっとも善き道を教えたもうたのである。

イエスの恵みの革命④

イエスの恵みの革命④

Jul 15, 2015 11:33 PM JST

イエスの恵みの革命が私に影響を与えた二番目のことは、「異なる」人をどのように見るべきかということである。イエスの模範は今の私に有罪宣言を下す。模範の逆方向へわずかながらもあわれみの心を抑え、もっと道徳を主張すべきだというクリスチャンの主張を耳にするが、それは旧約聖書のスタイルに戻れということである。

イエスの恵みの革命③

イエスの恵みの革命③

Jul 15, 2015 11:32 PM JST

神は宇宙を統べ治める主でおられるが、御子を通して、人間の子煩悩な父親のように親しみやすいご自分を示された。ローマ人への手紙八章で、パウロはさらに身近なイメージを提示している。神の霊は私たちの内に住んでおられる、と言うのだ。そして私たちがどのように祈ったらよいかわからないとき、「御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます」(ローマ書8章26節)と。

ABOUT US

YEF JAPANは、早稲田を中心に活動している超教派のキリスト教学生コミュニティーです。キリスト教精神を土台に、聖書の学びやフェローシップを行なっています。

フォトギャラリー